2020 夏の始まり



8月に入って梅雨明けし、やっと夏が始まりました。
梅雨明けに合わせたように、一緒にカレント2を購入したK先輩と久しぶりに海を漕いできました。
K先輩は、ここ数年間スキーで2年に一度のペースで足を複雑骨折してます。
おかげさまで、療養中に購入したドローンを貸してくれるし、スキー板は使えないので貸してくれるし、もはや神様のような存在です。(もちろん、人柄もです!)
次回骨折時の天の恵みに、期待してしまいます。

今回のお題は、三浦の人がいないプライベートビーチを見つけて海水浴を満喫しよう!
宮川湾から出艇しました。
K先輩は、足の骨折療養中のため、鉄の棒が入ってます。
海に入って錆びたりしないか心配しましたが、大丈夫なようです。
お決まりの盗人狩です。
先週、橋にフラッグを引っ掛けていた横君も一緒ですが、フラッグが引っ掛かりません。
潮の満ち引きって大きいと3人ともここで理解すべきでした。
横瀬島ですが、昨年の台風でなくなったしまった貝の白い砂浜は、戻ってないです。
ここで海水浴って気分じゃないので、もう少し漕いでみました。
K先輩は、マッチョで脳内も筋肉でできてます。とにかく全開で突っ走しって漕いでくのです。
カヤックじゃ骨折しないし、まっいっかーと野放し状態です。
なかなか良さそうなプライベートビーチをみつけ、海水浴となりました。
砂浜小さいですが、白い砂で海もきれいでです。
K先輩もご満悦でお昼寝してました。
K先輩、お目覚めしたらお昼寝中の横君と天然ワカメで遊び始めました。
横君のワカメっぽいけどロン毛風です。
その後、気持ちよく全員お昼寝してると、横君が「うわぁー」と起き出しました。
今度はワカメ食わされたかなぁと起きると、潮が上がってタープや荷物は海水まみれ。カヤックは海に流れ出しそうな勢いです。
カヤック内部は、海水と砂まみれ。
お手入れめんどくせーと思いながらの撤収となりました。
帰路も、K先輩は突っ走って漕いできました。
出挺して帰る場所の宮川湾は、その方角ではないんですけど…

8月梅雨明けって人生初かと思います。夏に入りましたが、コロナ禍で「特別な夏」です。
特別って「特別な女の子」や「特別な場所」など、良い意味で使っていたと思うんですけどね~。
この勢いだと「特別な秋」「特別な冬」になりそうです。「特別な夏PART2」は勘弁して欲しいと思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です