赤ブロくんと行く 赤羽の赤水門



山沿いは雨、海沿いは風強し、スキーもカヤックもイマイチそうな日、まさにブロンプトン日和です。
ご近所の荒川沿いのサイクリングロード散策に、初ポタリングへ行ってきました。
しかし散策ポタリングのつもりが、まさか45キロを漕ぐとは…
散策ポタリングというより、サイクリングになってしまったような。

出発は、彩湖からスタートです。菜の花きれいでした。
赤いブロンプトンは、赤ブロと言うそうで、「赤ブロくん」と命名しました。
彩湖の管理橋を上から覗くのは、初めてです。いつもは水面から見上げてくぐってるので新鮮でした。
緑に囲まれてたんですねー。
いきなり、彩湖で迷いました。
まさかの行き止まり、泥道で写真撮ってるゆとりもなく、幸魂大橋直下で、自転車担いで土手登るはめになりました。
彩湖マップを見ても、行き止まりなんです。まさかの彩湖トラップです!
彩湖公園最南端の水門です。
3年前の台風で東京を救った立役者なんでしょう。
彩湖最南端の地より、彩湖全景?あんま写ってないけど。
今回の目的地の戸田競艇場。10キロぐらいで、意外と漕げるもんです。
もうちょい足を伸ばそう。
戸田漕艇場です。若人達が頑張ってました。この辺りは水上スポーツ盛んなんです。
川口のエルザタワー。日本初の高層マンションです。 ここまで来たら行くしかない。
20代の7, 8年間住んだ赤羽まで行こう!
ヤッホー、赤羽の岩淵水門到着です。
水門付近は、若かりし頃のジョギングコースでした。懐かしや~。
赤ブロくん、赤羽の赤水門で記念写真です。
ところで、ここって何キロ地点?
まさかの22キロ。往復40キロ越えるじゃないっすか?服は、スウェットパジャマにフリースベスト。装備は、携帯と財布のポシェットのみ。
自転車ナメてました。電車で帰りたいが輪行袋持ってないです。
帰路に向かうしかありません。北区のお花畑KITA CITYがきれいでした。でも気温も日差しも上がり暑い。 日焼け止めも、調整する衣類もなし。スエットはムレムレです。
川口辺りに星座盤がありますが、夜見えるのかな。土手って、日陰ないんですよね~。あぢぃー。
30キロ超えました。パジャマ姿で漕ぐ距離じゃなかったです。
外環状線の高速道路が見えるともうすぐ彩湖です。
あっ!対岸に渡る橋がない。今さらどうにもなりません。 遠回りして帰ることになりました。
武蔵野線の直下ですが、橋桁に手が届くぐらい低いのです。
そうそう、ここは台風の時「千と千尋」状態になっていた線路だ。
彩湖は海になってましたけど。
https://masa-log.net/archives/10297

ご近所荒川散策が、最寄り駅から計測でほぼ休憩なしで45キロ。ぐったりして帰宅することになりました。
これをポタリングと言うのでしょうか。もう少し考えてから赤ブロくんに乗るよう反省します。装備も揃えなきゃいけません。
翌日、K先輩とスキーなんですよね~。筋肉痛大丈夫かな。

翌日は志賀高原で滑ってましたが、自転車の筋肉痛もなく楽勝?と思いきや?
2日後の月曜にスキーの筋肉痛と自転車筋肉痛が合わせてやってきました。
さらに月曜はワクチン3回目接種もあり、トリプルパンチで、ポンコツな月曜日となりました。
志賀高原の麓は、桜満開でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。