Kurrent2 vs K-light



ここのところ仕事が多忙で遊びに行けてございません。
パソコンデータを整理していたら、お蔵入りしてた写真ピンク号こと後輩Y君のケーライトの写真がありました。
ピンク号もお蔵入り状態のようです。
3年ぐらい前になりますが、フェザークラフト最小艇の新旧カレント2とケーライトを比較したレボです。

全長ほとんど同じです。カレントの方がバウが尖がってる分、長く見えるかなぁぐらい。
リブは同じため幅はいっしょです。生地は違いはいまさら説明不要でしょう。
それにしてもここまで使い込まれたコーデュロデッキはお目にかかったことがございません。すんげぇ耐久性の証です。
ところでホントに赤だったの?
カレントはラージコクピット仕様。なぜラージが標準になったのでしょう?
古いケーライトには、サイブレイスバーがありませんでした。新しいケーライトにはあったような気もするんだけど。
コーミングを比較すると、一回り程度違いました。
シートは変わってますが、内部をみても大きな違いはないような。
船底の写真撮り忘れましたが、エアスポンソンの位置が若干異なっていたように記憶してます。
ピンク号が蔵出ししたら写真追加します。
フレーム比較しても、あまり変わらないような。
上手く並べられてないけど、リブ位置が若干違うようにも見えます。
ジョイント部のオスメスが変わってます。改良されて組みやすくなったのでしょう。
キールを比較するとリブ位置がやはり変わってるように見えます。
下:カレント、上:ケーライト
ロゴ比較すると時代の流れ感じるなぁ。
20年以上前のケーライトとフェザークラフト最終モデルとなったカレント2を比較し、マイナーチェンジ程度の改良されてますが、同じ舟に思えました。

ケーライトは日本向けに作られたと何かで読んだような。
週末日帰りや一泊程度の漕ぎなら十分に用足りるような。また小柄な日本人に合ってるように思います。
カサラノやウィスパーの乗ると、組立て撤収が速く軽量なカレントの良さを改めて感じるようになりました。
肝心の漕ぎ味は?カレントとケーライトの差は自分には分かりません。
船速が遅いと聞きますが、グランストリーム大瀬代表曰く、波が出なければ他の舟とそれほど変わらないと言ってました。
自分は遅いと感じた事ありません。
日帰りで、組立・解体・撤収を含めて考えるとフェザークラフトで一番速い舟かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です