おにゅーなウェアvsゴアテックス


 


年内にもう一回ぐらい漕ぎ行こうと思ってましたが、忘年会で体調崩してると年末に突入です。
これ幸いと冬将軍の訪れもニュースで流れて、スキーシーズンの始まりとなりました。
画像は将軍っぽい?スターウォーズちっくでカッコよさげなだけで深い意味はございません。

そういや、カヤックやってる人ってスキーやる人多いように思います。
あんまりネタもないので、今年のスキーウェアでも。
今までは、ウェア数着を用途によって使いまわしてましたが、今シーズンは一枚でいってみようかと!

日本ブランド代表のスキーウェア「フェニックス」で、バックカントリーからゲレンデまで使えそうな上位モデル「Snow-Ridge-3L」を購入しました。
生地は、ゴアテックスに真っ向勝負を挑んだドライベントです。
今までバックカントリー用はパタゴニアでしたが、どうも仕立てが日本人に合ってないような。
ゲレンデ用のフェニックスの方が断然着心地が良かったのです。
このモデル「パウスレイヤー」はパタゴには珍しく、ゴアテックス「プロシェル」でした。
パタゴのH2Noは、酷い蒸れっぷりでダメ生地代表格でしたが、今は良くなったのかな?
ゴアテックスはゴアゴアして着心地が悪いのですが、性能は良いんですよね~。
透湿性、耐水圧など試験方法が違ったりして他メーカーとの比較が困難です。 どうにかして欲しいところです。
っで、フェニックス自社のドライベントって?どうなん?
ストレッチがあり着心地はゴアより断然良いんでが、はたして性能は?
調べても詳しく載ってないので人柱となってみます。
ウェアの説明。お腹の弱い身には、ビブのウェアは必須です。
お腹の保温性いいんですが、いざって時に脱ぎづらく諸刃の剣になるんですが^^;
パタゴニアのウェアについてた太ももポッケ。
滑った時に足の付け根にあるポッケは邪魔です。この位置は邪魔にならず、リフトに乗った時も使いやすく重宝してます。
ハイクアップ時など、背中は大汗かきます。メッシュなので良さそうです。
エッジガードが大きい。
いまどきの滑りは、傾きが大きくエッジのキズが上の方にも付くので良さそう。
分かりずらいですが、フードのサイズが変えられる。
ヘルメット時、キャップ時、ニット帽時、などによって合わせられるようですが、簡単に合わせられないような。。。使ってみてどうなんだろう?
襟元のチャック上げた時にも、苦しくないよう呼吸用の穴がある。
チャックの上げ下ろし面倒そうに思えますが。

今年は冬もカヤック漕ごうと思いますので、
スキーとカヤック併用のシーズンとなります。
どんな冬になるのでしょ。

良いお年をお迎えくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です