がばい旋風・佐賀の海



GWカヤック計画が中止になり、飛行機等のポイントが年内で期限切れとなってしまうのです。
年内最後の3連休にポイントで行けそうなところ、暖かそうな南方面で、九州の佐賀へ行ってきました。
佐賀といえば、十年ぐらい前に甲子園を沸かせた「がばい旋風」です。

残念ながら、がばい旋風ならぬ、強風・高波で漕げたのは、3日予定のうち半日程度でした。

逆転に次ぐ逆転で決勝まで進出し、決勝は逆転満塁ホームランで劇的な甲子園初優勝。
野球に詳しくはなくても、記憶に残る佐賀のがばい旋風でした。
佐賀県唐津の天気予報です。
まさか現地で、がばい旋風を受けるとは。
漕げたのは2日目午前中、半日のみです。

唯一漕げた半日のレポです。
七ツ釜と呼ばれる岩場を見に行きました。

出艇場所の唐津呼子には、ナイスな手摺がありました。
戦国猛将両雄の綱引きって、スタローンVSシュワルツェネッガーって感じでしょうか。
前日の強風浪注意報でどれくらいのウネリが残ってるか?
カモメさん達が並んで見送ってくれました。
岸沿いは良い波立っておりサーファー多数、とにかく沖を漕ぐことに。
沖には、七ツ釜遊覧船「イカ丸」が通過しウネリに加え、余計な波を立たせて行きます。
そんなことを知らない遊覧船のお客さん達手振ってくるんですよね^^;
無視するのも連れないと思い、仕方なく手を振ります。
岬の先端が七ツ釜で近づいてきましたが、荒波でバシャバシャ状態です。

近づくと波バシャバシャで、写真は手振ればかりですが、
すごい柱状節理なのです。
波の合間を縫って果敢に近づきますが、たまに大波くるとビビります。
波待ちして、なんとか撮れた写真が数枚です。
これ以上近づくのは危険を感じました。
なんせ上から見ると、こんな状態なんです。
裏技で、雑誌記事のパドリングホーボー写真です。
すごいでしょう。
松本様、ホーボー様、マコト様お借りします。
帰路は予報通り雨です。
ずぶ濡れで海上から東屋に逃げ込み撤収しました。
ずぶ濡れなので温泉目指しますが、未練がましく海上に近いところで。
海上の温泉「玄海海上温泉パレア」
露天風呂が海の上に設けられています。
遅飯の昼食も、未練がましくが海上に近いところで。
海上の定食屋「三軒屋」
完全に陸から離れ浮いてるんです。桟橋渡って入店です。
注文して待ってると、漁師さんが船を横付けしてきました。
かっこいいっす!魚を届けに来たのでしょうか。
おすすめが「魚島来めし(おとこめし)」
半分ぐらい食べたところで熱々のお出汁をかけて、お茶漬けのようにいただくのがうまかったです。
海上で風呂入って、海上で満腹になれば、心も満腹になるのでした。
満腹で海上の定食屋さんを眺めてると、これぞ!海上亭じゃん!
そうなんです。ここに行くと三浦の海上亭ってどうなん?
ツッコミたくなるのでした。
今回ベースにした佐賀県唐津には、唐津城という海沿いに立つ立派なお城があるのです。
(写真は、唐津観光協会より)
海沿いに立つお城は、まるで和風モンサンミッシェルのようではないですか!
唐津城をバックに、カヤックで漕いで写真撮る予定だったのですが。。。
翌日も、予報通り強風注意報で漕げそうになく、
撮れたのは、唐津城をバックにカヤックを解体するというシュールな写真だけでした。
これにて完全撤収・撤退です。

なんだか、今まで最も漕げない遠征となりました。
がばい旋風はこりごりです。
リベンジしたいですが、荒波で浸食されてできた「七ツ釜」を、荒波じゃない日に漕げるのでしょうか。
まぁ、来年考えることにしま~す。

つづきは観光編です。

4 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です