三浦五島巡り(前編)



昨年の三浦一周以来のロングランです。
三浦一周は、秋はだったのでそれなりに漕いでいたのですが、今回は6月上旬。
カヤックシーズンは始まったばかりで漕げるの?

相棒のN君は登山部インターハイ優勝の体力バカ。
自分は仕事が多忙極まり、土日休むので精いっぱい、準備も下調べもゼロ。
深夜に起きて準備をし、睡眠1時間程度でノリと勢いで出発しました。

1日目ルート

1日目スタート:横須賀うみかぜ公園
1日目ゴール:諸磯の灯台
スタート:横須賀のうみかぜ公園
グーグルより出艇できそうな場所は調べました。猿島の目の前です。
9時頃出艇です。出艇しやすくグーグル様様です。
1島目の猿島に近づくと、
N君:「上陸しないんっすか?」
オレ:「この島、観光船以外の上陸禁止なんだよ。」
N君:「・・・」
最初の1島目から上陸できない五島巡りってどうなん?
気を取りなおし、観音崎を目指します。
観音崎付近には、三浦一周の際にお会いした、
ロハスカヤックの佐野氏がおりまして、またまた偶然にもお会いできました。
この辺りは釣りのメッカで、今度カヤックフィッシング教えてもらおうと思います。
それにしてもベタ凪で幸せや〜。三浦一周の悪夢がウソみたい。
「海況良すぎてつまんねぇ~」なんて調子にのってほざいておりました。
このままゴールできれば神様の存在を信じてやっても良かったんですけどね〜。
たたら浜にて小休憩。
海の状況はいろいろ変わると思いますが、今回の三浦半島で最もきれいな浜でした。
これが東京湾には思えないでしょう。しかし、遠くに発電所が見えるのが残念です。
この発電所がクセモノなんです。
観音崎から剣崎まで約20キロの道のりずっと見え続け、さらに巨大なためスケール感が変わらなく、距離感が麻痺してきます。
こいつを見ると、進んでいるか分からなくなってくるのです。
三浦一周の難所が金田湾です。
金田湾は、湾内を岸ベタで行っても距離があり、今回は湾横断を試みました。湾横断しても距離10キロ以上。
風予報で分かっていたのですが、湾横断に合わせたかのように正面から風が吹いてきました。必死に漕いでも3〜4Km/h程度しかスピード出ない。
例の発電所は、ずぅーっと見えており、ほんとに進んでるのか疑心暗鬼の状態で、悪夢の始まりです。
対岸は近づく気配さえない。
N君からは「海況良すぎてつまんねぇ~、なんて言ってるからこうなるんっすよ!」と言われる始末です。
ヨットはウチらのノロノロ漕ぎをあざ笑うかのように、スピードに乗って横切っていきます。
なんせ、GPSログ見ると後退してますから(笑)
神様は存在しないことを確証できました(笑)
横断終盤も必死で漕ぐも、2〜3km/hの速度でマジっヤバい!
湾内の浄化センター方面に逃げ込みました。
かろうじて横断でき休憩しよう思いきや、そこは三浦危険地帯。
素っ裸のオッサンが岩の上で仁王立ちしているではありませんか!!
ここは知る人ぞ知るヌーデイストビーチのホモビー雨崎なのです。
残念ながら写真を撮る勇気はございませんでした。
隣の戸津浜にて上陸。
体力もヘロヘロパーだし、見たくもないマッパのオッサン見たせいで精神的にもこたえました。
体力バカのN君でさえ、カルチャーショックを受けたのか疲労困憊です。
N君のおケツ辺りには発電所が見え、「まーだ、発電所見えんじゃねーかよー!」2人でグチってもどうにもなりません。
時間も1時間以上ロスしており、今日の目標ゴール地までたどり着けるか怪しくなってきました。
とりあえず、ホモビーから遠ざからねばと気力を振り絞り、漕ぎだします。
剣崎の灯台を廻りこむと、ついに発電所が見えなくなり、 向かい風から横風に変わり、
ちょっとヤル気がでてきましたが。。。
次の目標は城ヶ島の灯台。遥か彼方で遠すぎる~。
心折れそうです。すでに折れてたかも。
そうだ!本題は島巡りツアーだった。
2島目の横瀬島は、上陸を試みるも波高くて上陸できません。
これでいいのか島巡りツアー?
3島目の城ヶ島も近づいてきましたが、もはや上陸する気力が残っておりません。
3島目もスルーです。
もはや島巡りツアーっていうより、限界にチャレンジツアーに変わっていました。
一応、 城ヶ島っぽい写真は撮ってきました。
もう腕もげそうだし、城ヶ島超え遠く感じたなぁ。
城ヶ島を回り込み、ゴールの諸磯の灯台が見えてきました。
「翼よ!あれが巴里の灯だ」って気分です。
巴里の灯に近づくと、青いフェザー艇があるじゃありませんか?!どなたか手振ってる。
なんと、偶然にもここでOさんがキャンプをしておりました。
久しぶりに募る話もあり、酒好き同士夜な夜な楽しく飲み続けるのでありました。
その後は言うまでもありません…

総距離36キロ。三浦一周ルートは進行方向が次々に変わるので、風向き次第で、どこかが難所になるのでしょう。
到着時間は、大幅に遅れ17時半でした。この時期は日が長く助かりました。
結局、この日は23時間ぐらい起きており、時間も距離も長くて濃い~1日となったのでした。

後編に続く

2 comments

  1. westylife says:

    こんなに漕ぎたい気分にならない記事もなかなか無いです(笑)でもやったら達成感は相当ですね!
    そう言えばコスプレカヤック検索したら一番にヒットしました、第一人者ですねー。

    • masa says:

      関東に引っ越してきたら、三浦一周ルートやりましょう、
      コスプレカヤック最近やってないですね〜。
      佐渡までに新しいマスク入手しようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です