パーリーピーポー猿島



今年、猿島をエイベックスがディスコにし、パーティーピープルの若者で溢れているようです。
良く考えるなぁと感心してしまいました。
パーティーピープル(パーリーピーポー)と全く縁のない2人で漕いできました。

以前から猿島まで、漕いでみたいと世田谷のtakeさんから連絡を受けておりました。
ここ数日涼しいし、ちょうど小潮で条件が良さそうなの練習も兼ねて行ってきました。

ルート

たたら浜より猿島往復、距離約17Km
東京湾は、海底の起伏と潮流が速いのが注意点です。
行きは向かい風で5.5km/h、帰りは追い風6.5km/hぐらいでした。
たたら浜から出艇するのは初めてです。
駐車場も近く、観音崎ほど賑わないため出艇・着艇しやすかったです。フラッグも舟もお揃いです。
ロボット兵の頭。そのうち登ってみたいっすね〜。
東側に廻りこむと、北東の風の影響で波がありました。
走水の浜で休憩。ここから往復約2時間漕ぎ続けなければいけません。
takeさんは10キロ以上漕いだことがないようでここからが正念場です。
takeさんは、波の中漕ぐのは、初めてなようで頑張っておられました。
終盤は慣れてきたようです。
漕いでれば近づいてくる猿島。南側から見るといい形してるんですよね~。
戦時中、東京湾の要塞だった島がディスコ化するとは、想像もできなかったことでしょう。
takeさん、3度目のチャレンジで猿島の裏側見れて満足そうでした。
でも北側って、ちょっとイビツな形してるのです。
ビキニのお姉さんいないかと浜辺に近づいたら、監視員に注意受けました。
カヤックでの上陸もダメなら、のぞきもダメみたいです。
帰路は観音崎の岬を目指してひたすら漕ぎます。
漕ぎ方を改善中でストローク長めに意識してみました。
11時ぴったり到着。
自分は、猿島よりも、かねよ食堂でビール美味しく飲むために漕いでいたようなもんです^^;
人気あってオープン時間なのに、お客さん並んでました。テラス席は濡れた格好でもOKです。
先日、テレビで特集やっていたようです。かねよ食堂HP
お店の中もおしゃれで、ドラマやPVの撮影でも使われてるそうです。
帰りはビール飲んで満足し、のんびり漕いでゴールとなりました。
往復17キロとtakeさんはけっこう堪えていたようです。距離は、漕いでれば慣れてくると思います。

比較的涼しく、のんびりいいカヤック日和でした。
猿島まで往復ルートはそれほど面白みはないのですが、高速の降り口から出艇場所も近く漕ぎ練習にはいいです。
次回ここに来た時は、タイを釣り上げタイですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です