西伊豆松崎 千貫門編



久しぶりの三連休、1年ぶりに伊豆に行ってきました。
Tさんが、レジェンドカヤッカー村田氏のコースタルカヤックツアーに参加していることもあり、
ベースになっているあそび島キャンプ場に泊まって遊んできました。

伊豆は、6月~9月までキャンプ場以外のキャンプ禁止です。
宿泊場所で悩んでると、Tさんよりあそび島キャンプ場をオススメされました。

あそび島キャンプ場は、西伊豆中心の松崎という立地条件、コンビニ徒歩、設備キレイです。
舟の出し入れできるスロープ付きキャンプ場で、その昔は造船所だったそうです。
キャンプサイトはこんな感じです。 1区画でタープを張って3張りぐらい。4人なら十分です。
4人揃って1区画ワリカンすると2千円/人ちょっとだったかな。
キャンプ場としては割高に感じますが、伊豆では良心的なお値段です。
ファミリーでカヤック体験等にもおススメです。
http://asobijima.com/
Tさんは、早朝に一漕ぎしてきたそうです。
グリーンランドパドルを2つ積んだカーボンウィスパーを見つけたら黒王号と呼んで下さい。
きっと苦笑いしてくれることでしょう^ ^
午前中は雨強く午後から出艇しましたが、海が荒れて釣りどこではありません。
※釣竿を止めるクリップあるの分かります?
おやっ舟のみ?ンN君は出艇早々に横波くらってチンしてました。
今年は、レスキュー練習したのでサポート要らずでバッチリ再乗艇してました。
しかし釣竿を海に落としてしまったんです。そこは教わっておらず、1万5千円が沈んだと嘆いてました。
自分はロハスカヤックの佐野先生にクリップを使うように教わったんすよ〜。
Tさんはこの海の中でも、釣りを続けておりました。 ラオウ伝説は続くのでした。
へなちょこ達は、釣竿購入と松崎観光です。
なまこ壁いっぱいで風情のある街でした。
夕暮れ頃に帰還したTさんことラオウ様は、酒飲んでると闘気が抑えられなかったのか、ナイフでツマミといっしょに指までザックリ切ってしまったのです。
数針縫うぐらいの傷口は、南斗水鳥拳に斬られたかの如く。
このオピニールのナイフを「レイ」って呼ぶことにします。
翌日は、南伊豆に行こうと思ってましたが、GPVによると東風が強く南東は荒れそうとの事。風裏になる西側が良さそうで千貫門まで往復しようとなりました。
Tさんは、レイに殺られたのでお見送りです。いつも真っ先に漕ぎだすのに哀愁漂ってました。
漕いでるとウネリのせいか、フラフラして気持ち悪い。
昨夜飲み過ぎかと思ったら、エアスポンソンの空気入れ忘れてました。
1時間ぐらい漕ぐと到着です。やっぱ、千貫門でっけーわぁ!
このドでかいスケール感、分かるかなぁ。
記念写真撮ってると、うるさいハエ達(ジェットスキー)やってきました。
まぁここは西伊豆のランドマークだから仕方ないかな。
ハエ達が居なくなるまで眺めてましたが、それにしても立派な洞門です。
帰路は、海岸線をのんびり漕いできました。海きれい。
背景の山が、西伊豆っぽい。
千貫門以外にも、西伊豆には立派な洞門あります。
雲見の牛着岩、富士山が真ん中に見えたのでしたが写りませんでした。
ザ・ジオパーク、ヨコシマな見事な地層に、ヨコシマな心も少しは洗われたかな?
岩地海水浴場、東洋のコートダジュールだけあって、N君曰く元祖コートダジュールも遠浅で似てるそうな。
ちなみにN君は、元祖コートダジュール行ったこともないし何処かも知らない幸せもんです。
あそび島キャンプ場は、松崎港内なので、神社もあったりして帰港した船乗り気分です。
キャンプ場に帰ってきたら、Tさんカヤック漕いでるじゃん(◎Д◎;)
傷口は!? アロンアルファで塞いでしまったそうです。それいいの!?
思い出したっ!レイはラオウに殺られたんだった!!
ラオウ伝説は続くのでした。。。

西伊豆松崎 釣り&観光編につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です