カヤックって?中編「海洋国家日本」



ちょっと話をを変えて、日本は世界有数の海洋国家です。
国土面積は世界60位だけど、海洋面積(ピンクのとこ)はなんと世界6位!
太平洋の北西部分のほとんどが日本の海域なのです。
海域は中国やインドの3~4倍。土地でけぇーからってなめんなよ、海持ってんだぞ~。

ランキング見るとなるほどです。
アメリカ、オーストラリアは、土地も海もビック、恐れ入りました。
ランキングからも日本は世界トップクラスの海を持ってるのです。こんな海に恵まれた国に生まれて海で遊ばないのって、もったいないと思いませんか?
分かったようなことを書いてますが、これらのことはホーボージュン氏の実戦主義道具学に記載されていました。
日本は6847の離島があり世界有数のシーカヤックフィールなのです。
10年以上前の本ですが、今読んでもパンチ力あります。
猿島を一緒に漕いだTAさんもホーボージュン氏の記事を読んでフェザークラフト買ったとのことでした。
過去のスキー&山登りとカヤックで行ったところを比較してみました。
山登りで遠方に行ったのは知床のみです。鳥海山、月山も日本地図で見ると近く見えてしまいます。
北アルプスに登ると他の山へ登る気がなくなってしまいました。
カヤックは4年ですが、いろんな場所に行きました。これからも行きたいとこだらけです。
カヤックだと横須賀でも、こんなキレイなビーチに行けるのです。
日本中に陸路からいけない綺麗なビーチがたくさんあるそうな。それらすべてプライベートビーチ状態です。
福岡にこんな場所があるとは思ってませんでした。
こんな絶景を見れるのもカヤックのおもしろさです。陸路からいけない場所にこそ、手付かずの自然があり驚かされます。
日本の南国の海は、世界屈指の透明度を誇ります。
兄貴がパラオにダイビング行ったら、現地の人に沖縄の方がいいよと言われたそうです。
こんな海を渡って、島々を巡って遊べるような国って、数えるほどしかないと思います。
北国、男鹿半島。荒々しい日本海の海岸線で迫力ありました。タイムスリップして恐竜出てきそうなくらいの原始時代のような大自然。
カヤックなら名所だけど、陸路からは行けませんし観光船もありません。
風が強くて漕げませんでしたが、青森にこんな場所があることも知らなかったです。
どうしてこんな形になったんだろう。
海なし県の栃木でも、中禅寺湖のようにきれいなビーチがあったりもします。
地元にこんなビーチがあったとはカヤックやらないと知りませんでした。
カヤックの良いところは海の幸が旨い。楽しみの一つです。
魚釣り始めたので、現地調達もできればもっと楽しいですが...なかなか釣れません。

海洋国家日本=日本は世界有数のカヤック天国なのです。北海道の海から沖縄の海まで遊び場ですから。
日本規模?スケールデカ過ぎだろ?!風呂敷広げ過ぎてないか?う~ん・・・
あっ、フェザークラフト専門店グランストリームHPサブタイトル「地球はでっかい遊び場です。」
地球規模!!ケイスケホンダ並みにビックです!日本規模で風呂敷広げたなんてリトルホンダ並みでした。
生涯遊び尽くしても足りなそうです^^
日本中の海を遊びまくるって考え方も、フェザークラフトに依るところが大きいです。
4年乗って少し分かってきました。

後編「フェザークラフト」につづく


中国が領有権を主張する海域って、なんじゃこりぁー!!
どうみても東南アジア諸国の海である南沙諸島も西沙諸島も、ぜーんぶ俺の物。ジャイアンも真っ青です。
中国ランドパワーvs日本シーパワーの覇権争いについて、勉強してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です