浮かぶサングラス



前日の悪天候で海況も悪そうなので、仕方なく最寄りの彩湖にて遊んできました。
なんだかんだ言いながら、彩湖が近所で何よりです。
今回は、浮かぶサングラスのお試しなのです。

サングラスで思いつくのは、こんなナイスキャラ達。
ターミネーターもマトッリクスも続編作ってるそうなので楽しみです。
前回教えてもらった水辺に近い駐車場に停めてみました。
確かに水辺は近いけど、トイレがめっちゃ遠いんです。 微妙なとこです。
早朝はベタなぎ。まぁ貯水池ですが・・・
相変わらず生えてます。
1周漕いでると、いつもの出艇場所に誰かいる?
Oさんでした^^、朝からビールどうですか?挨拶がてら言われましたが、 もう一周してからご馳走になりますと、
2周してくるとビール飲み切ってしまったそうです(笑)
彩湖おなじみメンバーが揃っており、近況報告となりました。
Tさんは、先週に飛島へ行ってきたので土産話や写真を見せて頂きました。飛島行ってみようかな。
風吹いてきたので、お久しブリーフにセイルやってみましたが、取付けが上手くいかず安定度がイマイチ。
対処法を考えねば。

では、本題へ

海で遊んでる人は、サングラスなどを海に奉納したことでしょう。
自分も昨年オークリーを奉納してしまいました。
落とさないよう、新たなサングラスに紐を付けたのですが、たいへん使いづらく煩わしいのです。
どうすんべ、沈まない浮かぶサングラスにしよう!
木製なら浮かぶだろう。 でも、ちゃんとしたブランドからは発売されておらず、 高いのか安いのか、ちんぷんかんぷん。
ググって探すこと、見つかりましたよ!
山本光学のスノーボードブランド「DICE」から FLOATING GLASS「浮かぶサングラス」なる優れものが販売されてました。
なぜ?スノボのDICEから、浮かぶサングラス??真相は不明です…
山本光学と言えば「SWANS」、青春時代のスーパースター岡部哲也選手の愛用ゴーグル。
若かりし頃は、どいつもこいつも(自分も)ゴーグルは、SWANSでした。
それだけに山本光学製は、信頼度抜群なんです!
重さは?
普通の沈んでしまうサングラスは、53グラム。
紐の分、ちょっと重めかもしれません。
浮かぶサングラスは、 22グラム。
持ってみてもメチャ軽です。
でっホントに浮くの?
おそるおそる浅瀬で浮かべると、プカプカとまでは浮きませんが、ちゃんと浮いてます。
ちょっと感動ものでした。
改めて、自宅で浮かべてみると完璧に浮いてます。
川で流されない限り、回収できそうです。
気になるお値段は、お手頃価格なのでした。
デザインも良く、日本製なだけにジャパンフィットで鼻ぺちゃでも落ちてきません。
偏光スモークレンズを買いましたが、調子良かったらブルーミラーレンズも買ってしまうかも。

DICEのホームページ
https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/dice/


面白がって浮かべまくってました。
後日、偏光レンズを調べてみると熱と水に弱いそうな。

大丈夫かな。。。

2 comments

  1. 小平O says:

    先日は楽しい時間有難うございました♪
    カヤック界のド顰蹙オヤジは口先三寸で
    言ってる事もやってる事も無責任で
    ウエキヒトシもビックリな感じで失礼しました 
    以降気を付けます また飲み漕ぎましょう

    • masa says:

      こちらこそ、ありがとうございました。
      カヤックそば、オ◯ッコはご勘弁ください。
      今度は、泊まりでゆっくり飲みたいです。
      お誘いのほど、宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です