あぁ松島や~前編~


matsushima22
東日本唯一の日本三景、松島を漕いできました。
良くわからない週末の天気続きで、3週目にしてやっと実現です。
東北の海は、水温が低く春や秋は風が強いため、7,8月が良いようです。
少々距離はありますが、学生時代は東北に居たし馴染みがあるので、あまり遠く感じないのです。
(後輩号の助手席に乗ってるだけってこともありますが^^;)

matsushima001
「松島(まつしま)」は、宮城県の松島湾内外にある大小260余りの諸島の総称。
京都の天橋立、広島の宮島と並び、日本三景の1つ。
荒波に削られた造形美の島々をカヤックで巡って行くのです。
写真:東松島市HP
matsushima004
今回の野郎2人共、変態指数がハイレベルと言う共通点がある。
スタートは野蒜海岸付近。すぐに見えてくる『花魁(おいらん)島』。 名前がエロいと盛り上がり、どの辺りが花魁なのか、無駄に想像を膨らませるのであった。
エロトークの始まりである。
matsushima003
海食崖の白い岩と松で風情のある景色の中、N君はボイジャーで軽々と着いてきます。
『色白のワレメがすげー!』エロパワー全開である。
matsushima007
そそり立つ見事な御神体である。
『巨根島』と命名。
matsushima006
石川五右衛門が花魁を追いかけて来たのか?斬鉄剣で斬られたであろう岩。
『斬鉄島』と命名。
野郎2人のエロパワーのせいか、曇り予報だったのに東の空から晴れてきました。
matsushima008
宮戸島南端の嵯峨渓(さがいけい)には、無数に洞窟があります。
matsushima009
『穴に入りまくり、入れまくり』と喜ぶアホ達。
小学生レベルである。
matsushima11
『やり放題』と穴をツンツンして喜ぶアホ達。
もはや猿レベルかも。
matsushima12
穴いじりを堪能し『乙女ケ浜』へと向かいます。 乙女の気配は全くありません。
期待させる名前にしないで欲しい、と訳の分からないことを言うアホ達。
matsushima15
舟でしか行けない、いいビーチたくさんありました。
飯能のTさん、ここならホモビーOKっす!
matsushima13
『しょぼくれクマさん岩』
matsushima14
少々無理があるが『ビキニ島』
matsushima23
メカル岬が見えてきました。 なんとショートカットできる洞門があるのです。
交通の便を考えたような見事な洞門は、なかなかお目にかかれません。
『松島の名器』と呼ぶにふさわしいです。
matsushima17
近づくと、奥に小豆さんまでいるではありませんか!
さすが『松島の名器』です。
matsushima21
このマンガのような島が『小豆島』(勝手に命名)
matsushima18
松島の名器を堪能し、満足げなN君である。
matsushima19
舟入島なる島に上陸しました。

 

あぁ松島ゃ〜松島湾横断(後編)〜に続く…


あとがき

  • なぜこんなにたくさんの島が?
    松島は、元は丘陵地帯で、大きな地震のたびに地盤が少しずつ沈下し
    リアス式海岸がさらに進んだ沈降地形で、山頂が島として残ったらしいです。
    太古の昔から地震が多かったようです。
  • 海岸沿いの一部は、護岸工事が行われていましたが、カヤックで遊ぶフィールドとしては問題ありません。
  • 洞窟巡りをする際は、干潮時が良いようです。
  • ルート参考資料
    カヌーワールドvol9.フィールドガイド 奥松島(宮城県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です