The Real McCoy’s Wrangler 2nd



ここ最近は、お勉強期間にて引きこもり生活です。
出掛けないと、なぜか服にお金掛けるという発想になるのです。(貯金という発想には全くなりません)
20年ぶりぐらいにGジャンを購入しました。生涯最後のGジャンとなる予定?なので、良いお品です。
悩んだ結果、ラングラーセカンドこと11MJZとなりました。

ハタチの頃に購入した青春時代の思い出つまったラングラーサード24MJZ。
何度か修理しましたが、くたびれてきてしまいました。
ビンテージはもったいないので、着倒せてかっこいい色落ちすると言えば、数社となります。
アメカジ世代なら、みんなお世話になりましたザ・リアルマッコイズです。もはや水戸黄門の印篭といっても過言ではありません。
リアルマッコイズのLeeストームライダー愛用してます。
the real McCoyは「正真正銘の本物」と意味で、当時のモデルを忠実に再現した復刻版です。色落ちも良くビンテージと区別つかないぐらいかと思います。
お値段も下手なビンテージ古着より高く、革ジャンやジーンズの復刻版は評判いいです。
ラングラーGジャン代表と言えば、ジョン・レノンのファースト 11MJでしょう。
ジョンさん、何枚もってたのでしょうか。
ところでその襟は、彼女のコートの襟に合わせました?
ということで、新品バリ糊のリジットなので記念撮影です。
復刻版でも、製作はけっこう前になるのでデッドストックのような感じです。
ラングラージージャン特徴その1
ジーンズメーカーとして初のデザイナーを起用。
ロデオスターや映画のカウボーイの衣装デザイナーのRodeo Benさん。
オマケのこんなところまで、忠実に再現してあるのでしょう…
ラングラージージャン特徴その2
珍しいフルジップアップ仕立てが、カッコえぇんです。
この写真で分かるかどうか。当時のように縫い糸が2色使われてます。
グリッパーズ社のジッパー。マニアはうれしい(^ ^)
タロン、赤耳、ビックE、スモールe、オタク用語です。
ラングラージージャン特徴その3
ゴムアジャスターでフィットするシルエット。
ゴムアジャスターでストレッチする感覚は、他メーカーとは一線を画します。
更に肩回りにもアジャスタがあり、一段伸びる感じて動きやすさく驚きます。
ウェストも、ゴムアジャスターでフィットしているので、ダボつかずシルエットきれいです。
さすがにリジットのまま着る元気はないので、ワンウォッシュしましたが、軽く立ちました。
馴染むのは、いつになるんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です