海を歩く



フェザー乗りの大先輩である堀田氏が17.8年前にK2で北海道一周した航海日誌です。
堀田氏の旅エピソードは、ゆる~い感じで共感するところも多く、好きな作家(アウトドアマン)で、楽しく読んでる最中です。

まだ読んでる最中ですが、いろんな旅紀行や冒険家の本を読みましたが、皆さんカッコいいしストイックなんですよね〜。
どうも自分には敷居が高いんです。でも堀田氏は、ゆるさっぷりがたまりません。
もう漕ぐのが飽きたから、ヒッチハイクして「海を省く」にしようかなって書いてるんです。
自分は、大先輩ほどの冒険心もないゆる~いダメ人間フェザー乗りなのです。

北海道一周の際に、えりも岬でアザラシウォッチ中の堀田氏の写真がありました。
https://hokkaido-labo.com/erimo-cape-5486
先日、堀田氏の最新刊を購入しました。
おすすめアウトドア用具がおもしろエピソードと共に綴ってあります。
慶良間の火事事件や、載せちゃっていいの?などなど。
ヘネシーハンモック欲しい…
堀田氏の文は、アウトドア誌で読んだことありましたが、最初に購入した本がこれ。
スキージャーナル社発行で広告を目にしており、発売すぐに手に入れました。七、八年ぐらい前だったかな?
すんごく可笑しく、噴き出してしまいます^^
この頃スキーシーズン以外は、クライミングや縦走登山をしており、まさか「海を歩く」を読むとはね~。
まだ読んでませんが、サブタイトルが良すぎます!
人生を素敵に踏みはずす旅したいっす♪
おっ、このイラストって?
伊藤画伯の絵です。裏にはK1も書かれてました。
当分楽しめそうです。

最近、ゴールデンカムイという漫画を読んでます。
舞台が明治後期の北海道で、強烈なキャラ達の宝探しのお話です。
アイヌ人と言うと阻害された印象がありますが、 ゴールデンカムイでは、強いアイヌ人が描かれており、カッコいいんです!
来年は、アイヌの歴史探訪しながら北の大地を漕いでみようと思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です