無名沢BC in HAKUBA



3月の雪山は、晴天率が高く気持ち良~く滑れて、寒がりな自分には好きな時期なのです。
所属のスキークラブ『バフ』では、月/回の白馬合宿でバックカントリーへ行ってます。
バックカントリーは、普段は真面目に練習しているので、ご褒美なようなものです。

白馬は、3000m級の稜線から滑り込むビックマウンテン~低山のツリーランまで様々なコースを楽しむことができます。
関東中心のバフメンバーは、白馬がゲレンデ&バックカントリーの最高のフィールドとなっているのです。
白馬連峰の中でも、特徴的な山容が不帰(かえらず)のキレットです。
右がら一峰、二峰、三峰。
トトロのような二峰は、かわいいのです^^
森林限界を超えた稜線から、ロングランを滑れる無名沢ルートに行ってきました。
白馬三山や不帰のキレットの絶景を見ながらの滑走ルートで、最も好きなルートでもあるのです。
3月と言えど標高2000m越えると、まだまだパウダーが滑れるのです。
バフでは、国際山岳ガイドの山岸氏にガイドをお願いしているため、 その日、最も良いエリアに連れて行ってもらえます。
また、自分達の未熟な山の知識より、プロのガイドに頼るため、安心安全にパウダースノーを楽しめるのです。

♪以下、いっしょに滑ってる後輩の3バカです♪

ボイジャー乗りのN君
なぜにワンピで派手にコケているのでしょ?今季から、K1乗りになるかも。
ピンクのKライト乗りのY君
たまにかっこいいんだよなぁ。
トップの写真を撮ってくれたP君
白馬連峰バックに、ばっちりキメてました。彼は、 パリダカにも出場してるんです。
バフメンバー&チームTK、とても楽しい日でした。

吹っ飛んだのでした。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です