~世界が恋する海~慶良間諸島 vol.1 座間味島編



5/1(2日目)、座間味島周辺の無人島(嘉比島(がひじま)、安慶名敷島(あげなしくじま)、安室島(あむろじま))
3島まとめて廻ることにしました。パンフレットやポスターなどで見る写真のスポットです。
※ツアーだと多分1島/1日しか行けないかなぁ。ところで沖縄の漢字って難しくて読めません。

宿の女将さんと相談し、
昼過ぎが干潮なので、潮流に乗って廻れば楽だということで、反時計廻りのコースとなりました。
約20kmのちょうど良いルートです。
※仲間内では20km以上漕がせると怒られますので、ルート選定難しいです。
阿真ビーチが、スタート&ゴールです。
ウミガメが多く見られるそうで、水温低いですが泳いでる人けっこういました。
座間味島西端を目指し、二つ岩?に横断としました。
ちなみに伊釈迦釈島(いじゃかじゃじま)はマンタが出没するそうなので、夏に来たら潜ってみたいとこです。
日が昇ってくると海の色が変わってきます。
ところで慶良間ブルーってどの色なんでしょう?
二つ岩?付近
近づくと意外とでかくて迫力ありました。
安慶名敷島(あげなしくじま)に上陸です。
毎度のことですが、カヤックで行くビーチは、プライベートビーチです。
安室島に横断です。と言ってもコンパクトなので30分ぐらいで横断できてしまいます。
カヤックでお手軽に楽しめるエリアです。
安室島最南端。干潮の影響から浅瀬になり、波の影響と相まってルートが難しかったです。
御神木ならぬ御神岩。安室島東側中央付近にあり目標物となりました。
安室島で遅めのランチとしました。岩に囲まれた真っ白いビーチです。
対岸が明日横断予定の渡嘉敷島です。けっこうな距離あるなぁ。。。
干潮でカヤックからもサンゴ礁が良く見えました。
宿の常連達からもこの辺りは、サンゴも魚も多くシュノーケルおススメポイントとの事でした。
カヤックから水中撮影。綺麗っす!
明日の横断をどの辺りにするかなど、じっくり考えました。
風の影響次第では苦労しそうです。
帰路は、潮に乗ってあっという間に帰れてしまったのでした。

「世界が恋する海」ってキャッチフレーズは伊達ではありませんでした。
終始、きらきらした海を漕いで行けました。
真っ白い砂のプレイベートビーチで、透き通る海を眺めてるのは至福の時です。
日本は島国で四方海に囲まれた海洋国家です。カヤックには最高の環境なのに、なぜ皆さんやらないのでしょう?
不思議です…日本に生まれたのにもったいないっす。
ちなみに今回はオチないですよ~。

vol.2 渡嘉敷島編につづく

4 comments

  1. westylife says:

    黄色のはカレントかと思ってましたがウィスパーですね、購入されたんですか?
    慶良間は浜でのキャンプ禁止なんですね、せっかくのロケーションなのに!

    • masa says:

      そうなのです。カサラノは難しいので長期滞在用にオールマイティなウィスパーを購入しました。
      まさか3艇も買うとは自分でも驚きです…それぞれ特徴違うので用途によって使い分けようかなぁと言い聞かせてます。
      慶良間の島火事は、安室島の半分を燃やしてしまったらしいです。火の用心ですねぇ。

  2. marutaka says:

    良いところを漕いでますね。
    事前に申請すれば、安室島でのキャンプ⛺️はOKだったように記憶していたのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です