カヤックって?前編「どんなの」



カヤックやってると言うと、変わった遊びのせいか、
どんなの?どうして始めたの?おもしろいの?どこいくの?たためる?このようなことを聞かれます。
まだ4年目の初心者ですが、分かる範囲で3つに分けて答えてみます。
・前編「どんなの」
・中編「海洋国家日本」
・後編「フェザークラフト」
自分の野遊び遍歴は、スキー→バックカントリー→縦走登山→クライミング→カヤックと現在に至ります。
山から海?と思うでしょう。

ずいぶん前にモンベル社長のコラムを読みました。
内容は、クライマーの仲間は次々に死んでしまったと… パタゴニア社長から、クライミング続けてると死んでしまうから、カヤックやってみない?と、 ハワイ島カヤックツーリングに誘われ、カヤックの面白さを教えてもらった。 多分そんな記事だったような。カヤックね〜。きっかけの1つです。
クライミング練習時に滑落現場に遭遇しましたが、怖くて見ることもできませんでした。クライミングは、1つの間違えると死んでしまいます。
夫婦でテキトーに遊ぶには、リスクが高すぎるなぁと思いました。 (※真剣に安全に遊ばれている方は別な話です。)
でっ、山から海と思いますが、
カヤックツーリングは、アルパインクライミングの海版のような感じで、決められた登山道はありません。山頂の代わりに岬や島を目指してきます。
また、カヤックツーリングには縦走登山のキャンプ道具が、そのまま使えるのも始めやすかったところです。 山登りと同じで、始めてしまえば比較的簡単です。 (スキーは何年やってもなかなか上達しないですから)
始めてみると、山もいいけど海の開放感は格別でした。
山登りも続けようかなと思いながらも、山は冬になると半強制的に行きますし、小さい頃から通っていたせいかマンネリ気味なのかも。
北アルプスも稜線に出ると絶景が待ってますが、稜線出るまで雑木林の中を汗まみれで登るし、今は海とカヤックの方が楽しく山登りは休業中となってしまいました。
(※来年こそは山登り再開予定です。)
どこが楽しいの?と聞かれると、理由はいろいろありますが、やはり海の開放感と自由感なのですかねー。
陸地には、道路、敷地、境界線などがあります。海には何にもありません。どこにでも漕いで歩いていけるのです。
多くの人は海を眺めるものになってますが、自力で漕いで歩けるようになると、今までとは違った扉が開いたように感じました。
これぞ、アウトドアって扉が開いたって思ったくらいです。
また、小中学校の頃、水泳部だったこともあり水に慣れ親しんでました。キャプテン翼で言えば、水は友達です。(ボールは全く友達になれませんでした。むしろ、いじめっ子です。)
水面にプカプカ浮いてると、水と一体化したようで気持ちいいのです。
これは舟によるところもあり、後編「フェザークラフト」にて。

いろいろ考えましたが、結局は水や海が好きなんだろうと思います。
どうしてだろ?と検索してみたら、どうやら前世が魚らしいです…
年中漕いでる人達は、前世が魚なんです。納得しました。

中編「海洋国家日本」につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です