横君のカヤック成長記vol.2



横君こと横は、フェザークラフト艇のケーライトも持っており、自分と海を漕いだことあるそうなんですが、全く覚えてません。
カミさんに、オレって横と海漕いだっけ?聞いたら漕いだことあるよ。と懇切丁寧に説明され思い出しました。
ちょっと波立つと「オレもう恐ぇっす!漕げません!」と言い出し、ナメタロウ→ナキタロウに変わるのです。

よって、数百メートル程度しか漕いでおらず、漕いだうちにも入らないため記憶から抹消されていたのでした。
ナキタロウとは、一緒に海を漕げそうもなく遠のいてしまっていたのです。
そんな横君も、ウィスパー艇を購入し海を漕げるようになりたいとの事で、先輩なりに全力サポートするのでした。

横君は、土曜日にレイドバックのレスキュー講習会を受講しました。
駒崎先生には、ナメきったナメタロウなので厳しくスパルタでとお願いしました。
泳げなく無様な姿を見れると期待していたのですが、期待を裏切りまじめにそつなくこなしてました。
ちぇっ、つまらないなぁ~と言った感じです。
自分もレイドバック上野先生とロール練習をしており、 ウィスパー信号機揃いました。
翌日の日曜日に横君ウィスパーの海デビューです。
県境超え解禁の初週末となり、自分も今年初海デビュー、お揃いでウィスパー2艇です。
駐車場がオープンしている横須賀の海を選定しました。
ルートは、自主トレコースでもある猿島一周の約20キロです。
天気も良さそう、風も微風で条件良さそう。
試練は、逆潮なぐらいのはずでした…
このロボット兵みたいなの、戦時中の潜水艦探知してた跡地なんだよ。と説明すると、
横君:「この手の見ると、なんでもロボット兵に例えてないっすか!」
いきなりきましたよ。ナメタロウ!
小休憩すると、煙草に火をつけ「海はいいっすよね~。」
(ーoー)y~~~ぷかーっとナメタロウ全開モードになるのでした。
しばらく漕ぐと防衛大の学生達が海上訓練をしており、わっせわっせと掛け声と共に大型手漕き船が何隻も往来しバイキングようでした。
しばらく様子見るも、防衛大バイキング船は、次々にやってきて、きりがありません。
潮流の影響で往来する船の速度が様々で、直行横断作戦は危険そうなため平行横断作戦を試みました。

平行横断作戦とは?


図の右が平行横断作戦です。
防衛大バイキング船後方から
タイミングを見計らって横断するのです。
バイキング船の後方に付けタイミングを見計らって
自分:「横、行くぞー!」
横:「オーッ!」
二人の掛け声とともに
バイキング船の側方に付けたのでした。

防衛大バイキング船の学生達は、
後方から側方に付いたウチらを、
挑戦してきたと思ったらしく、
妙に盛り上がってしまいました。
学生達:「カヌーが来たぞー!」
「カヌーに負けんな!」
「パドルに追いつかれんぞー!」
叫んできました。
自分:「防衛大に負けねーぞ!」
思わずで叫んしまい
宣戦布告となったのです(笑)
防衛大バイキング船vsウィスパー2艇
多分、世紀の初対決ではないでしょうか。

防衛大の学生達が本気で漕ぐと勝てる訳がありません。
無駄に疲れたのでした。
小休憩してると、沖から風が吹いてきて海面ざわついてきたのです。
無駄に疲れたナメタロウに次の試練がやってきました。
逆潮に加え、横風と横波でルートから外れ始めたので、写真とらずに一気に猿島向かいました。
さぁ、ナメタロウはどうなったでしょう。沖からの風なので岸まで流されちゃったかな?
完全に視界から消え去ってやりました!
よーく見ると、波にもまれながらパドル動いてるので大丈夫だろうと。
ナメタロウに先輩の威厳ってヤツを見せつけてやりました。
待っていて甘い顔すると、つけこんでくるので先に猿島に取りついてました。
※猿島は上陸禁止です。
猿島付近でしばらく待ってると追いついてきました。
しかし「大丈夫?」なんて優しい声を掛けようものなら、泣き事言って、猿島一周しそうもない奴なので、追いつく寸前に出発です。
(本人談より、泣き事言って猿島一周したくなかったそうです。)
猿島半周ぐらいで、三角波立ってきたので心配なので待ってると
「オレ、もうこれ以上カヤック操作できませーん!」と言い始めました。
出ましたよ。ナメタロウ→ナキタロウにバージョンアップです。
様子見ながら、猿島一周させました。
ナキタロウよ!やればできるんです!
経験値もバージョンアップしたはずです。
帰路は、潮流にのって楽ちんなはずなのですが、海はナメタロウにあまくなかったのです。
シートのセッティングが合わず腰痛が襲い、さらに天気が急変し土砂降りの雨も襲ってきたのです。
はい。こんな感じで土砂降りです。
ちなみにここのお店は『ダイニング風』
お店の目の前にカヤックを乗り付けられます。
始めて入りましたが、テラス席があり、ずぶ濡れカヤッカーも歓迎してくれました。五つ星認定です。
横君の試練続きのウィスパー海デビューに乾杯です。
海鮮丼も美味しゅうございました。
腹減ってたので、写真撮るの忘れ食いかけでスンマセン。
ごはん食べ終わると、雨もやみ出艇場所までのんびり漕いで、のんびりお片付けするのでした。
横君
ここはオレの海だと言わんばかりに海を眺めて、自分に酔いしれるのでした。

横君のほぼ初海デビューに、今回の約21Kmの行程はきつかったことでしょう。
横君よ、頑張った!今回は一緒に海を漕いだこと生涯忘れることはないでしょう。
防衛大バイキング船とのバトル、逆潮と横風横波に翻弄され、猿島三角並みでの泣き事は許されず、腰痛と土砂降り雨に襲われ、横君も、さぞ思い出に残るウィスパー海デビューとなったことでしょう。
先輩からの一言
近いうちに、防衛大バイキング船にリベンジ挑むぞ!心して鍛錬する事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です