ロール講習会&練習


8/23(土)LAIDBACKさんによるロール講習会を彩湖にて受講してきました。
ロールとは?
波などを受け沈(転覆)した際に、脱沈せずに起き上がる方法です。
必須というテクニックではないでしょうけど、カヤックをやる以上はマスターしておきたいテクニックです。
だって、ロールできるとかっこいいじゃないっすか!!

LAIDBACK駒崎氏より
ロールができるようになると、カヤックの操作レベルも上がってくるので、最終的にはロールが必要なくなる(沈しない)でしょうとの事でした。

roru01
講習会では、リバー用の小さいカヤックで練習をしました。
uenosan
まず、講師のLAIDBACK上野氏による模範演技です。
ハダカにライフジャケットで、気合い入ってます。 スィープ半分もせずに浮上しています。
超速かったです^^;
roru03
今回は3人の受講であったため、マンツーマンで教えて頂きました。
おかげさまで、全員共にできるようになり、成果は大きいです。

詳しくは、laidbackのブログより↓
http://life.kayak-laidback.com/?eid=224

8/24(日)後輩の横木君のレスキュー練習と自分のロール復習のために、また彩湖に練習です。

roru07
パドリングをいろいろ試しながら、4Km程度漕いでみました。
ロール練習の成果のせいもあり、前後左右の体重移動が分かってきたような。リーンがかけやすくなりました。
roru04
横のレスキュー練習をいろいろと試したりしてみました。 人に教えることにより、再認識でき勉強になりました。

自艇にてロングロール(パドルを片側に寄せ長く持つ)ならなんとか、ロールできました。
ショートロールで100%できるようにしたく、まだまだ練習が必要です。

自分なりのロールのポイント
1.水面下で落ち着くこと。
上半身をカヤックの横へねじって近づけます。
手首は猫手にして、ポジションを取ります。

2.水面をスイープ。(何度やっても下に漕いでしまう。水面がポイント!)
パドルの推力が浮力になり、カヤックが下から水面に近づきます。
合わせて、ヒザを持ち上げカヤックを起こす。

3.イナバウアー姿勢取る。
意識しないと、頭が上がって重心が高くなりひっくり返りません。

2日続けのロール練習は、筋肉痛でガタガタです。

roru06
他一名は、飽きたのか疲れたのか、ラッコになって練習終了となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です