ヒルバークテント part2(開封編)


hill001
昨年から悩んでいたテント、ついに買いました。
ヒルバーグは高額では?はい。ありえませんと思っていましたが…
半分ノリというか勢いです!!

syan31
シャングリラ3

当初、軽量化に徹しコンパクトな参天(ワンポール)を買おうかと。
ゴーライト: シャングリラ3です。

レイドバックで相談すると、自立できないテントはカヌーに不向きだよと…
港などコンクリート上で張ることも想定した方が良いとのこと。

現在所有山岳テント
・アライテント:エアライズ3
・ICI:ゴアライト2(カヤライズ2もあり)
要らないじゃん。そうですとも。
どちらも、性能に問題ありませんし、このテントを極限まで使うようなサバイバルなことは致しません。
でもね~。エアライズは10年前購入だし、山に行けば大人気で、もはやユニクロ状態なんです。
ゴアライトは親父のお下がりだから、まぁー無かったものと思いましょうか。


(自称)違いの分かる男しては、人と違うのが欲しいのです。

検討テント
・アライテント:ドマドーム

domadome
ドマドーム(土間があるのだ)

ネーミングもさることながら、張った雰囲気がいいです♪
全面開けると、いらっしゃ~いってな感じ^^
ヤフオクでポチりそうになり、購入の一歩手前までいきました。
持ってるエアライズと同色だし、風通しのいい2方向出入口が欲しいんです。
こちらも人気商品なので、使っている人多いような…

 

・MSR:ハバハバ

hubba_hubba
ハバハバ

2方向長辺出入口です。メッシュで涼しい。
しかし、なんだか、ビビッとこないんですよ。ネットや周囲の評判も。。。
これだったら、土間の方がええよね。

昨年は、結局決めかねて、購入計画は頓挫しました…


ところが、冬の間残業続きでストレスと共に貯金も溜まってきてしまいました。
今まで射程範囲外であった、ヒルバーグ様が射程圏内へと入ってきた次第です。
物がいいのは、昨年ヒルバーグタープを購入し分かっていました。
いまどきの軽量化ブームはどこ吹く風で「質実剛健」の普遍さを一貫しています。
(正直、軽量化はたいへん魅力的なんですが^^;)
・経年劣化(加水分解)の少ないケルロン生地
・設営、撤収が容易なアウターとインナー一体構造
・細部に渡る作り込み
・他メーカーにない色合いとデザイン
フェザー同様にかっこよく、所有欲を満たしてくれる逸品なんです。

ヒルバーグ二人用の自立式
・アラック:4シーズン用(3.1kg)

AllakGrn_dt
アラック

・ルーガン:3シーズン用(2.1㎏)

rogen_dt

悩みます…
結果、めんどうなんでトップ写真のように両方買ってしまいました??

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です