三陸四湾巡り Day2



昨日は徹夜運転・カヤック漕ぎ・飲み過ぎと、ワンツーにカウンターパンチを被弾したよう朝で、猛烈な二日酔いです。
こういう時は、飲み過ぎ厳禁と誓うんですけどねぇ~、毎度の事ながら学習能力ゼロです…
気怠い朝ですが、この日は三陸随一の景勝地「吉里吉里」を目指すのでした!

2日目は、大槌湾から船越湾を目指します。
途中の岬先端が「吉里吉里」というところです。
お天気は、相変わらず鈍より雲で気分も上がりません。
せっかくの景勝地も鈍より雲じゃなぁと・・・ノンビリ漕いでくのでした。
岬先端辺りに着くと、あれっ「吉里吉里」は?!
遠くに白い岩壁が立ちはだかるようにそびえてます。
山にありがちな名前でいうと、屏風岩ってとこでしょう。
屏風岩に近づくと、急に日差しが差し込んできました。
おーっサンシャインTさん!眩しすぎるぜ♪
おーっサンシャインRさん!眩しすぎるぜ♪
「吉里吉里」上陸に合わせたかのように、お天道様が顔を出し、一同日頃の行いが良いからだろ、神様もたまにはやるもんだなど。御託並べて盛り上がるのでした。

「吉里吉里」上空へ、飛べよドローン

ここの砂を踏むとキリキリと鳴るらしく、そのせいなのかアイヌ語でキリキリは白い砂になったようです。
近くに浄土平ってとこもありますが、こっちの方が断然に極楽浄土でしょう。
さすが三陸随一の景勝地! 観光船ないのでカヤックじゃないと来れないかも。
カヤックお持ちの方はぜひ!持っていないよって人は?う~ん、残念残念。
まるで僕の心を映し出しているかのような海で、一片の濁りもなくとてもきれいです。
Tさんことラオウ様は「我が生涯に一片の悔い無し」とばかりに漕いでおりました。
これだけ海がキレイだと、まるで海面を飛んでるかのようで、
オッサン達、はしゃぎまくるのでした。

はしゃぎ疲れたオッサン達は、船越湾を横断し本日の宿泊地へと向かうでした。
夕方は、やませのせいか風も吹き涼しくなって快適です。
さぞや、関東は灼熱地獄のことでしょう。
涼しくなった海でのんびり釣りも至福の時間です。
今回は絶対に釣れるという噂のダイワTGベイトに生エビ付です。
検証結果、噂はウソでした^^;

明日最終日にて、最大難所の船越半島超えです。
今朝の二日酔いなだけに、おバカな自分でも早く床に就くのでした。

Day3につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です