青春を共に歩んだレッドウイング



青春を共に歩んだレッドウィング・アイリッシュセッター。
振り返ると、いつも君が笑ってくれた、足元でそっと。(藤井フミヤ、TRUE LOVEより)
相棒は、齢30年と靴世界ではご高齢の様子。
メンテナンスのために、レッドウィング直営店の青山店へ行ってきました。

レッドウイングとの出会いは、 約30年前にさかのぼる。
豊臣・徳川の時代も終わり、世の中は、渋カジ・アメカジ絶頂期時代。
レッドウィング以外は靴じゃない。レッドウィングを履かなければ、男じゃない。
そんな時代でした。(多分・・・)
そんな時代背景に後押しされ、気付けばレッドウイング信者真っしぐら、
色違いのレッドウイングのアイリッシュセッターシリーズが3足揃いトリプルブラザーズとなりました。
他にも数名のレッドウィングが冬眠中です…
トリプルブラザーズを持参し、向かうはレッドウィング教の総本山、直営の青山店。
近隣は、世にも恐ろしい最高級ブランド店ばかり、完全アウェーの地。
なぜにここに店構えた?おまえの居場所は渋谷だろ!
そうか、レッドウイング愛を試されてるのか?訳の分からない事考えながら門を叩いてきました。
人の良さそうな店員さんにトリプルブラザーズを診断して頂くと。
長兄の茶の体調は、重症で診断結果は3万円オーバー。
修理しても水の侵入は防げないだろうし、30年も履き続ければもう十分ではないでしょうかと。直して直せないこともないですがと。。。
よって、この時点で長兄はご臨終となりました。チーン(T人T)合掌。
二男の黒は、軽傷でソール交換と他のチェック。三男のベージュは、健康優良児だそうな。
多分、このお店には全シリーズが揃っていたのでしょうが、
わき目も振らず「長兄と同じものクダサイィ-!」
30年経っても自分も靴も変わらんなぁ~、と思うのでした。
長兄のひび割れが致命的だったので、メンテナンス用具を購入し、メンテナンス法を教わってきました。
youtubeにもメンテ動画アップしてあるそうです。
履き心地が固いと相談したら、インナーを勧めて頂きました。
低反発で履き心地とっても変わります。おススメです。
こちらが四男です。いやぁベビーフェイスだこと。
四男と長兄を並べてみると、
「四男よ、後を託すぞ、オレのしかばねを超えて行け!」「兄貴ぃ、任せてくれぇ~!」との会話が聞こえたような。
長兄は、マニアが喜ぶ半月タグ。ぶっちゃけどうでもいいです。
長兄はモデルの刻印が打ってありました。
四男のタグ。おきれいです。
四男にこんなタグがありました。トリプルブラザーズにはなかったような。
そうそう最近では、皮モノを使い込むことを、エイジングと言うそうな。
へぇ~っ、そんなことよりも自分のお肌シミだらけで、アンチエイジングしたいくらいです。
レッドウィングお持ちの方は、一度直営店に足を運んでみては如何でしょうか。インナーソールマジでいいっすよ!
http://www.redwingshoe.co.jp/stores/rwss/index.html

四男購入してなんですが、カヤック行く際は、キーンのサンダルだし、スキーはソレルブーツだし。仕事はクラークスだし。あんまり履かないかも…
でも、茶のアイリッシュセッターなしの人生は、考えられんのです。この靴なしでは、これからの人生を歩んで行けそうにありません。
中年を共に歩んで行きます。
この靴は、そんな靴なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です