目指せ!完璧なロール1



ここ一ヵ月ほど毎週末、彩湖でレイドバックのロール講習受講しております。
練習怠ってたらロール出来なくなってました。これを機に、完璧なロールを身に付けようと思ったのです。
今週は完璧に出来たかな。でっ翌週やると出来ない。練習して今週こそは完璧に出来た。でっ翌週やるとまた出来ない。
進歩のないアホみたいな週末を繰り返してます^^;
ロールって、世間では難しいのか簡単なのか分かりませんが、自分にはとても難しいのです。

自分のやるカヤックは、ツーリングカヤックですがロール必要?
って話は常々出ますが、やはりツーリングカヤッカーで操作上手い人達は、ロール上手です。

グランストリームの大瀬さん
ツーリングカヤッカーの代表のような人です。
分かっておりますが、ロールもスカーリングもとても上手です。
身近な先輩Tさん
やはり、カヤック操作上手でロールもスカーリングもとても上手です。
ロールの先生、レイドバック上野さん
分かっておりますが、カヤック操作上手です。

カヤック操作が上手い人達はロール上手です。
ロールが上手だと、なぜ操作も上手いのか?
完璧なロールが身に付いたら、答えられるかも。
なんとなく分かってますが、ロール下手っぴなので言えません。

現時点の備忘録も兼ねてこんな感じです。
撮影レイドバック駒崎先生より

1,ロールって十人十色のようです。
自分のセットは、右手を上に出すよう注意し、背面(ライジャケ)を水面近くに構えます。
彩湖の水では、水面下は全く見えないっす(苦笑)
2,次に足と左手がポイント。
左手をスイープの支点とし、左足と腰を連動させて初動作に入ります。このタイミングがズレるとおかしなことになるのです。
3,ここが全てのような。左手、右手、足腰。
左手支点とし水面に沿って右手をスイープ、左足と右足を連動させヒップスナップで水面からカヤックをはがします。
カヤック内でかなり力を入れるせいか、足にあざや傷が増え続けてます。
4,上体、頭を反らす。良いロール時は、背面にカヤックのテールが回り込む感覚があります。
失敗時は、アゴ引いてたり上体を起こしがちです。
5,ここまで起きればOKです。自分の中では良い方です。
良い時は、常に水面が近く感じるんですよね~。
タイミングを変えたりすれば、より良いロールが見つかりそうです。

ダメパターン例

右手が沈む。もうこの時点でアウトです。
さらに左手ずれる。
パドルが水面に深く潜る。こうなると時って、初動作で水面が遠く感じるんです。
ここでフィニッシュ?
タイミングもパドル角もずれてます。
でっ起き上がらずに、そもまま沈むんです。
あー、お日様も空気もさようなら~っ
水中へズブズブズブブゥ…

完璧なロールは、いつになったら身に付くのか見当もつきません。
納得いくまで練習続けようと思います。
果たして、身に付くのでしょうか??
レイドバックの先生方、
かなーり出来の悪い生徒ですが、
お付き合いの程、宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です