カサラノ海デビュー


miu_katha01 購入して半年以上経過したカサラノですが、ようやく海に浮かべることができました。
いきなりキャンプツーリングと少々ハードルが高いデビューとなってしまいました。

1日目

miu_katha02
週末の呑み過ぎがたたり、少々遅刻し到着となりました。
カサラノ組むのに時間を要するので、焦りましたがコツがつかめたのか難なく組立て終了。
カヤックにキャンプ用具荷物満載詰めこみました( ̄^ ̄)ゞ
防水バックに入れているとはいえ、絶対に沈したくないっす!
miu_katha03
ルートは三浦半島東から西へ向かいます。
梅雨時期なのに天気もよく、海峡も良さそう。
剣崎の灯台が見えてきたあたりでしょうか。
miu_katha04
しかし剣崎の灯台を超え南岸に出ると、ご覧の通り荒れてきます。
慣れないカサラノで緊張しながら漕ぎ進みました。
荒波をやり過ごすのにスロー、荒波を抜けるのにダッシュ。波にフェイントでも仕掛けるんかい?と思えるような漕ぎっぷりで無駄に疲れたような_| ̄|○
miu_katha05
三浦半島南岸が荒れている際、防波堤隙間の門ような場所から諸磯湾に逃げ込みます。
門に入るタイミングを間違えると、門の藻屑と消えることでしょう。
この場所を『諸磯の門』と名付けました。

そういえば、と言えば?

C0D6CCE7-1
東大生なら赤門(恐れ多くてくぐれません)
読書家なら羅生門(読んだこともございません)
寺好きなら東大寺南大門(行ったようだが覚えてません)
芸能人なら宮本亜門(違いのわかる男だったような)

違いのわかる男なら、この方でしょう!

話戻します。

zedan1
アラフォーのガンダム世代にといえば、
『ゼダンの門』(旧ア・バオア・クー)これしかあるまい!
1作目でシャアとアムロが激闘を繰り広げた天王山のような場所である。
zedan3
しかし、2作目でハマーン・カーンが小惑星アクシズぶつけ、簡単にぶっ壊してしまった。
この時の喪失感は、福山ロスどこじゃありませんでした…

すみません。もっと話戻します。

miu_katha06
『諸磯の門』をくぐり南側の荒波を通過しました。
周囲の皆さんは、沈するのを期待していたようですが、
期待を裏切って申し訳ございません。
沈せず漕ぎ進んでしまいました。
miu_katha07
今回の目的の一つ。
毎回お邪魔しているステップベースキャンプに、BBQ食べにやってきました。
かわいい建物ですので、ミニチュア風にカメラ設定し オシャレに箱庭のおもちゃっぽく撮ってみました。
よいでしょう♪
miu_katha08
BBQの食材達です。
※海じゃなけらば、携帯のアイフォンで撮影してます。
miu_katha09
夕日もキレイで、まるで僕の心ようです(笑)
※こちらも携帯のアイフォン撮影。

2日目

miu_katha11
TAさんが新艇を購入し合流です。
んっ?写真がへん?!
なんと、カメラの設定を忘れていて、新艇をいきなりミニチュアおもちゃ風に撮ってしまったのだ。
ゴメンなさい。
※帆船模型も作ってるので、新艇も模型風にしてみました^^;
miu_katha13
このHPを良くご覧になってくれるという赤のウィスパーXP乗りのYさんも合流。
少々お話し「ラダーは、ジオングの足みたいもんっすよー!」とナイスなセリフが飛んできました。
※初対面でおもちゃ風に撮影とは、連日飲みすぎました…ゴメンなさいm(_ _)m
開き直ってジオラマテーマ『シャア専用フェザークラフト』
今後ともよろしくお願いいたします。
miu_katha16
ルートは1日目のルートを帰ります。
予報では、曇り風速6m/sぐらいでしたが、晴天で海峡も穏やか良い写真も撮れるはずでした。

しかし以後、全ての写真がおもちゃ風

miu_katha17
途中休憩のかっこいい入り江、おもちゃ風。
miu_katha14
海峡が良く、初めて入れた断崖絶壁の名所『盗人狩り』もおもちゃ風。
miu_katha15
TAさんに連れて行ってもらった『毘沙門茶屋』もおもちゃ風。
miu_katha18
ということで、2日目はおもちゃ風写真を撮り続け無事終了となりました。

あとがき

・写真をいつもオートで撮っているので設定確認を忘れてました。
また、カメラの機能も再確認してみます。
カメラの設定はくれぐれも確認するべし!
・カサラノのはバランス取りが難しく、写真撮る余裕が減りました。
よって写真枚数が少なく、HPの面白みに欠けてしまうかも。
やはり、沈を覚悟で写真を撮るべきなのでしょうか。
心の準備が必要です!
・カサラノはエアなし椅子のため、椅子下にテーブルをパッキングしていったら尾てい骨痛い。
さらに腰まで痛くなるは、重心が上がってバランス悪いは、自らハードル上げてしまった。
パッキングには注意するべし!
・カサラノにキャンプ道具積み込みましたが、細長いカサラノに満タン積載するには細長い防水パックが必要。
良いのを探してみます。首尾良くパッキングできるようになったら、
『カサラノパッキング編』でもアップしてみましょう。
・キャンプ用具満載のカサラノは、3人で運ばないと持てない状態となりました。
とてもロールで上がれそうにありません。(元もと100%上がれませんが。)
ロール練習と合わせてカサラノの再乗艇を練習しようと思います。
練習あるのみ!

以上、カサラノ初航海報告

6 comments

  1. T@hanno says:

    キャンプツーリング、ナイスアイディアありがとうございました。
    不思議なもので、海況は良かったはずなのに、自分は、1日目より2日目の方がグラつく感じがしました。
    荷物が軽くなった所為?かと思いましたが、それより前夜の呑み過ぎが原因であった様です。
    気持ちの良いキャンプ、要注意です。

    次はさらなるワイルドキャンプ?
    よろしくお願いいたします。

    • masa says:

      Tさん
      お疲れさまでした。とても楽しかったです♪
      気持ちの良いキャンプ=翌日、気持ち悪いキャンプになることは多いようです^^;
      そこは諦めましょう。
      次のワイルドキャンプに備え、パッキング計画を考えなければと思います。
      また、よろしくお願いいたします。

    • masa says:

      marutakaさん
      そうなんですよね~。手ブレも増えるし悩みの種です。
      一瞬で起動するようなカメラが欲しくなってしまいます。

  2. Satoshi says:

    カサラノ海デビューおめでとうございます!
    試乗させていただきましたがリーン掛けようとするとグラグラしてビビリました。
    あれで荒れた海は緊張しますなぁ〜。

    バディちゃん可愛く撮ってくれてありがとうございます!
    なんかすごくスケールの小さいツアーになっちゃいましたね。(^O^)
    次回はワタクシもキャンプツーリング是非とも実現したいと思います!
    自作のタンデム艇を貨物船にしてもいいかも。

    • masa says:

      Satoshiさん
      お疲れさまでした。
      buddy艇をネットで見てみました。
      あらゆる面で日本仕様で良さそうですね。
      デザインもこだわりを感じ、今まで見たリジット艇で中でトビキリです!
      ネットで仕様を見ながら電卓叩いてしまいた。危険です…

      フェザー艇はカレント2(旧ケーライト)が日本仕様のようです。
      カサラノはどうみても北米仕様ような^^;

      次回のキャンプツーリングもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です